<コラム>司馬遼太郎に導かれ、中国・蘇州の城門跡を探索

工藤 和直    2017年7月30日(日) 18時50分

拡大

(1 / 4 枚)

1987年に初めて蘇州に来てから早30年、蘇州高新区に12年間住んだ。その時に蘇州の事を少しでも知ろうと再読したのが、司馬遼太郎「街道を行く:中国江南のみち」である。写真は筆者提供。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携