<コラム>清の高官も驚いた博学政治家、日本の副島種臣が訪ねた蘇州「寒山寺」

工藤 和直    2017年9月3日(日) 14時20分

拡大

(1 / 2 枚)

副島 種臣(そえじま たねおみ、1828年〜1905年)は、江戸幕末期の志士・佐賀藩士、明治時代の日本の官僚・政治家。彼は1876年に寒山寺を訪問している。写真は筆者提供。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携