<コラム>ドイツが下準備し日本が仕上げた青島、120年間の街並みの変化

工藤 和直    2017年9月8日(金) 0時40分

拡大

(1 / 8 枚)

「ドイツがつき 日本がこねし 青島餅 汗と涙は中国人民」、山東省青島市の歴史は1897年11月14日ドイツ海軍陸戦隊が上陸してから始まった。今年でちょうど120年となる。写真は筆者提供。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携