<コラム>ソウル南山にあった「乃木神社」跡を訪ねて

工藤 和直    2017年10月16日(月) 15時10分

拡大

(1 / 7 枚)

京城神社(国幣小社:京城府倭城台、祭神:天照大神・国魂大神・大己貴命・少彦名命)は朝鮮神宮のあるソウル南山東側の麓にある(現在は私立リラ小学校と崇義女子大内)。一般には乃木神社と呼ばれていた。写真は筆者提供。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携