<コラム>日本本土を初めて“爆撃”した中国人は英雄となった

工藤 和直    2018年12月13日(木) 12時50分

拡大

第2次世界大戦で、日本本土への初空襲は1942年4月18日のドーリットル空襲が有名であるが、それ以前の1938年、中国空軍は日本本土に侵入し爆弾の代わりに“宣伝ビラ”を投下帰還した史実がある。写真は筆者提供。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携