<コラム>ソウル市に残る、多くの「日本の建造物」を訪ねて

工藤 和直    2019年5月9日(木) 20時20分

拡大

(1 / 6 枚)

朝鮮王朝時代から発展を遂げたソウルであるが、1910年(明治43年)韓国併合以降の36年間にソウル市内に多くの日本企業・政府が近代建築物を作り、その多くが現存している(地図1)。(表1~4)に今と昔の日本の建造物を写真で比較してみた。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携