<コラム>谷崎潤一郎と芥川龍之介の蘇州放浪記を読んで

工藤 和直    2019年6月28日(金) 23時40分

拡大

(1 / 3 枚)

今でこそ旅行本は店屋に溢れ、世界中どこに行くにも不自由はない。では100年前はどうだったのであろうか。旅行本の先駆けになったのが、谷崎潤一郎「蘇州紀行」であり芥川龍之介「江南遊記」であった。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携