<コラム>幻に終わった沙市の日本人租界地を訪ねて

工藤 和直    2019年7月2日(火) 23時50分

拡大

(1 / 3 枚)

湖北省荊州市は、上海と四川省成都市を結ぶ東西の線と北京と海南島を結ぶ南北の線が交わる地点にある。まさに中国の中心部にある。現在の荊州市周辺は長江文明が栄えた地であった。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携