<コラム>18世紀の蘇州を美しく描いた絵巻物、「姑蘇繁華図」との出会い

工藤 和直    2019年10月29日(火) 23時0分

拡大

(1 / 5 枚)

初めてこの絵巻物を見たのは10年以上前になる。縦40cm余りで長さは12mにもなる絵巻物である。驚いたのはその精巧な書き方と店先にかけた看板の字が読めること、そして一人ひとりの人間に動きがある事だ。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携