<コラム>中山道の宿場町「大宮」から鬼平が仕置きしたさいたま新都心前「下原刑場」を歩いて

工藤 和直    2020年8月21日(金) 23時0分

拡大

(1 / 4 枚)

渓齊英泉が画いた木曾街道大宮宿は、JR大宮駅から南に4km行った針ヶ谷から見た富士山を画いたものだが、当時から残る庚申塔を左に置いても、富士山はもっと左にあり、富士を絵の中心にずらしたものだと分かる。

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携