〈一帯一路実践談48〉なぜ有名?「五星出東方利中国」錦

小島康誉    2020年12月19日(土) 16時20分

拡大

1988年筆者ら「日中共同ニヤ遺跡学術調査」第一次隊も小都市ミンフゥンから4日間悪戦苦闘して遺跡中心に残存する仏塔へたどり着いた。写真は鳳凰・瑞雲・白虎なども織り込まれた「五星出東方利中国」錦。

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携