【CRI時評】「人権の灯台」はなぜ、自らを照らさないのか

CRI online    2021年6月12日(土) 12時20分

拡大

6月12日の児童労働反対世界デーを前に国際労働機関(ILO)と国連児童基金(ユニセフ)が発表した最新のリポートによると、2021年には全世界における児童労働者が20年ぶりに増加した。

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携