【東西文明比較互鑑】戦国時代とギリシャ(2)中華文明の包容力示す荀子

潘 岳    2021年12月24日(金) 16時10分

拡大

戦国時代最後の50年、志士・謀臣達は2大流派に分かれていた。函谷関の内側の秦国では法家と縦横家が活躍していた。画像は荀子。中国の儒家思想の代表人物の1人で、「礼法合一」を主張した。(写真:nipic)

東西文明比較互鑑 秦―南北時代編 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携