<写真特集>東京・石神井公園の秋色

任書剣   2020年12月6日(日) 8時0分

映像作家の任書剣が、東京都練馬区にある石神井公園の秋を写真と文章で紹介する。

映像作家の任書剣(にん・しょけん)が、東京都練馬区にある石神井公園の秋を写真と文章で紹介する。

石神井公園を初めて訪れた時、東京23区にこのような自然が広がっていることが信じられなかった。私は石神井池沿いの道をゆっくりと歩いて三宝寺池まで行くのが好きだ。石神井池で観光客はボートを漕ぎ、ボートは水面でゆらゆらと揺れる。カモが遊び、枝の先のモミジはすっかり赤く染まっていた。

三宝寺池一帯の自然の息吹はより濃厚だ。そこに生息する野鳥や老木の林は大勢の写真愛好家を引き付けている。本とコーヒーを用意し、池のほとりのある椅子で午後の時間をのんびりと過ごすことができる。

以前、北京在住の日本人との雑談で、「日本では自然をより身近に感じられる」と聞いた。最初はよく理解できなかったが、今は私も同じ考えだ。(文章:任書剣/編集:野谷

●任書剣(にん・しょけん)

中国南京大学でマスメディアについて学ぶ。その後、日本に留学し2003年に日本映画学校を卒業。2008年には日本大学大学院で芸術学博士号を取得した。これまでドキュメンタリー映画を中心に制作し、2003年よりドキュメンタリー、報道などテレビ番組の制作に多く携わる。「私の叙情的な時代」(2009年作)は初の劇映画にして、多くの賞を受賞した。

この記事のコメントを見る

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携