<写真特集>中国原産のノウゼンカズラ、日本へは平安時代に

馮学敏   2022年7月9日(土) 8時30分

写真家の馮学敏が、散歩中に出会ったノウゼンカズラを写真と文章で紹介する。

写真家の馮学敏(フォン・シュエミン)が、散歩中に出会ったノウゼンカズラを写真と文章で紹介する。

ノウゼンカズラは中国原産で、長江や黄河流域、嶺南地区などに生息している。花言葉は「敬服、名声」。「慈母の愛」という意味を持ち、母親への愛情を表現するため、ナナミノキやプリムラと一緒によくプレゼントされる。

春秋時代の「詩経」にもその記載はあり、日本には平安時代に伝えられた。散歩中に撮影したノウゼンカズラの写真を皆さんと共有し、皆さんが暑さに気を付け、体を大事にされることを願っている。(翻訳・編集/野谷

●馮学敏(フォン・シュエミン)

1953年、中国上海生まれ。中国撮影家協会、日本写真家協会の会員で、上海画報の写真記者、上海師範大学客員教授、世界華人撮影聯盟副主席などを務めた経歴を持つ。日本では1999年に第36回太陽賞を受賞。2000年には中国文化部から「世界華人傑出芸術家」の栄誉称号を授与された。作品は中国の美術館だけでなく、中国駐日本大使館、ニューヨークの国連本部にも収蔵されている。





















この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携