<コラム・莫邦富の情報潮干狩り>二つの正月をもつ在日中国人の新年の食卓に見る食の多文化時代

莫邦富    2021年1月22日(金) 18時20分

拡大

新年の食事のことを言うと、やはりおせち料理は避けて通れない。今回はおせち料理を通して在日中国人の食卓事情と中華レストランの試みをチェックしてみたい。写真は料理研究家・小薇さんのおせち料理。

新年早々、新型コロナウイルス感染拡大により、東京をはじめかなりの都府県が緊急事態宣言発令状態に入った。外食はもちろんのこと、例年と比べて回数が激減したわずかな新年会もキャンセルとなった。三密状態を避け、コロナ感染者数を減らす作戦のためと人々は自らに言い聞かせて納得するしかない。

在日中国人社会はまるで減らされた新年のだんらんや新年会の楽しみを取り戻すかのように例年よりもっと新年の食事に力を入れたような気がした。食への熱意とこだわりを見て、遠い昔に聞いたある日本人の感想を思い出した。

1990年代後半、母校・上海外国語大学に外国人教員として来られた日本人教師は、当時の中国人の日常の食生活と新年の食事へのこだわりを見て、「中国人は貧乏ですけれども、その食生活は決して貧しいものではありません」と感想を述べた。それを聞いた上海外大の同僚はすごく納得してこの感想を私に伝えた。私もなるほどとうなずいた。こうしてこの感想は中国人の食生活に対する私の基本認識の一つにもなった。

■在日中国人の食卓事情と中華レストランの試み

1990年代初期、私は改革・開放路線実施後、海外へ移住した中国人を「新華僑」とネーミングした。同時に、『新華僑』『商欲』『昇竜資本』『蛇頭』など一連の書物を出版し、新華僑の存在を世に広げた。数十年たったいま、経済状況はもちろん、文化、習俗などの面においても日本社会に溶け込んだ在日中国人(便宜上、日本に帰化した中国人も含める)の新年のスタイルを見ると、相当日本的になっている。

新年の食事のことを言うと、やはりおせち料理は避けて通れない。今回はおせち料理を通して在日中国人の食卓事情と中華レストランの試みをチェックしてみたい。



■筆者プロフィール:莫邦富 1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。 知日派ジャーナリストとして、政治経済から社会文化にいたる幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭」といった新語を日本に定着させた。また日中企業やその製品、技術の海外進出・販売・ブランディング戦略、インバウンド事業に関して積極的にアドバイスを行っており、日中両国の経済交流や人的交流に精力的に取り組んでいる。 ダイヤモンド・オンラインにて「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」、時事通信社の時事速報にて「莫邦富の『以心伝心』講座」、日本経済新聞中文網にて「莫邦富的日本管窺」などのコラムを連載中。 シチズン時計株式会社顧問、西安市政府国際顧問などを務める。 Facebookはこちら

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携