古生物学者、1億2500万年前の「寧城中華草」を発見―中国

人民網日本語版    2021年4月9日(金) 9時50分

拡大

中国科学院南京地質古生物研究所が6日明らかにしたところによると、同研究所の科学研究チームがこのほど内モンゴル自治区寧城県で、今から1億2500万年前の「寧城中華草」を発見した。

(1 / 2 枚)

中国科学院南京地質古生物研究所が6日明らかにしたところによると、同研究所の科学研究チームがこのほど内モンゴル自治区寧城県で、今から1億2500万年前の「寧城中華草」を発見した。これは今まで世界で見つかっているうち最も古い単子葉植物の化石で、科学界による植物の進化の研究に重要な根拠を提供した。新華社が伝えた。

その他の写真

単子葉植物は被子植物の重要な生態群だ。小麦、稲、コーリャンなど、人類の生存を維持する大半の食糧作物がこの生態群に属する。しかしこれまで見つかっている化石が少なく、科学界の単子葉植物の起源と歴史に関する知見は少なかった。

今回見つかった寧城中華草は縦約26センチ、横約5センチほどで、根、茎、葉、花などの重要組織をはっきり見て取ることができる。化石を見ると枝根があり、茎には節があり、複数の葉が生えている。葉は細長く、単子葉植物の典型的な平行脈があり、トウモロコシの葉に似ている。その頂部にはさらにコーリャンの穂に似た花序があり、その中には複数の小さな花が含まれている。

同研究を牽引した同研究所の王●(ワン・シン、●は品の口が金)研究員は「特に得難いことに、今回見つかった化石は寧城中華草の全体を留めている。これは人為的な推測、各部のつなぎ合わせにより生じうるミスを大幅に減らし、植物の進化の研究に新たな化石の根拠を提供した」と述べた。

それに関連する研究成果はすでに、古生物学術誌「Palaeoworld」(3月号)に正式に掲載された。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携