豪国防相、中国との戦争の可能性は「中国人に聞くべき問題」―米華字メディア

Record China    2021年9月20日(月) 20時20分

拡大

ダットン豪国防相はこのほど、米英豪による新たな安全保障協力枠組み「AUKUS」に関連して中国との戦争の可能性について問われ、「それは中国人に聞くべき問題だ」と述べた。

米国の中国語ニュースサイト、多維新聞の19日付報道によると、オーストラリアのピーター・ダットン国防相はこのほど、スカイニュース・オーストラリアのワシントン特派員、アネリーズ・ニールセン氏とのインタビューで、米英豪による新たな安全保障協力枠組み「AUKUS(オーカス)」に関連して中国との戦争の可能性について問われ、「それは中国人に聞くべき問題だ」と述べた。

米英豪は15日、豪州の原子力潜水艦獲得を支援する新しい取り組みを発表した。中国について具体的に言及してはいないが、中国を念頭に置いたものとの見方が出ている。

ダットン氏は、「中国共産党の報道官は、台湾に対する意図を明確にしている。同様に、米国の台湾に対する意図も明確だ」とした上で、「誰も衝突を見たいとは思っていないが、それは本当に中国人に聞くべき問題だ」とした。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携