南沙諸島の領有権争う中国とフィリピン、歩み寄りか=仲裁裁定控え双方に思惑―両トップがエール

八牧浩行    2016年6月1日(水) 10時10分

拡大

中国とフィリピンが領有権をめぐって争っている南シナ海・南沙諸島について、中国・習近平国家主席とフィリピンのドゥテルテ次期大統領が協議する可能性が高まっている。資料写真。

レコードチャイナの八牧浩行です。ご意見、ご質問などお気軽にお寄せください。

・BBS「レコードチャイナ主筆・八牧と語る」はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携