「つまらない」と思っていた日本人の先生の言葉に、胸がじんとした―中国人学生

日本僑報社    2018年1月28日(日) 14時10分

拡大

(1 / 2 枚)

付き合っていくうちに人の印象が変わっていくことはよくあるが、日本語を学ぶ東北大学秦皇島分校の李慧玲さんのその相手は日本語の先生だった。資料写真。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携