<コラム>世界一難しい中国の科挙試験、日本人で唯一合格したのはあの人

工藤 和直    2018年3月12日(月) 20時20分

拡大

(1 / 4 枚)

中国では官僚登用の制度として、1905年まで「科挙」と言う試験制度があった。その合格倍率は3000倍とも言われる。日本で司法試験が厳しいとか言われもせいぜい30倍である。写真は筆者提供。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携