兵馬俑の上絵、剥がれやすい原因が明らかに―中国メディア

人民網日本語版    2019年6月18日(火) 21時40分

拡大

(1 / 3 枚)

秦時代の兵馬俑の表面には当初、色鮮やかな上絵が施されており、今にも動き出しそうな「地下軍団」だった。ところが2000年以上の埋蔵の間、兵馬俑は出火、穴の崩落、地下水の侵食などの破壊により、出土後には少量の上絵しか残っていなかった。

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携