【CRI時評】枝道に入り込みつつある日本の対中外交

CRI online    2021年4月29日(木) 14時50分

拡大

日本は外交青書を発表し、中日間の島を巡る争いを大げさに書きたて、南海、香港、新疆などの問題に言及するなどして「中国の脅威」を誇張する一方で、経済面では中日関係を「最も重要な二国間関係の一つ」とした。

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携