タニシ麺や沙県小吃など「ストリートグルメ」が中国の無形文化遺産リスト入り―中国メディア

人民網日本語版    2021年6月11日(金) 21時10分

拡大

(1 / 2 枚)

タニシ麺、福建省沙県で古くから伝わる軽食・沙県小吃、胡辣湯、臭豆腐など、中国の街中の至る所で見かけるこうした「ストリートグルメ」が、第5陣の国家級無形文化遺産リストに登録された。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携