コラムニスト



   

入江佐和(マダム佐和)

中国と日本とはこれだけ違う、中国人との付き合い方ハウツー

全日空の客室乗務員関西空港に所属し、主にアジア便で12年勤務した。ノエビア化粧品の商品開発チームで経験をつんだのち、NHK大河ドラマで地域おこしのプロデューサーとして常連組となる。

コラムを読む
照 誠之助

日本で味わえる本場中華料理や中国人従業員との日常をお届け!

2008年2009年と上海に滞在しいろいろな中華料理を食べ、奥深さに感銘する。 日本に戻ってからも、現地に近い中華料理店を求めて、食べ歩く毎日を過ごして いる。

コラムを読む
YinYin

元国際捜査官の目線で、中国事情・外国人犯罪のよもやま話を語る

1964年生まれ。千葉県出身。北京留学後、日本の大手商社の中国駐在員として活躍。千葉県警初の国際捜査官(北京語・巡査部長採用)の経歴を持つ。

コラムを読む
村林勇紀

中国の今を伝える社長コラム!

1981年生まれの三重県出身。愛知学院大学卒業。2004年〜2016年無錫市の日系メーカーに勤務。2016年から福岡件に移住し合同会社イマチュウ設立。日本人に向けた中国情報サイト「イマチュウ」と、中国人に向けた日本情報サイト「日本生活哲学」運営。

コラムを読む
畝田 宏紀

フリーで中国を研究するチャイナウォッチャー!

1956年岡山県倉敷市に生まれ、現在東京在住。神戸市外語大中国語科卒。大学在学中、改革開放政策が始まる直前の1978年に中国に留学。興味は金融、経済にとどまらず、歴史、文化、言語など幅広い分野にわたる。

コラムを読む
神田 遊

歴史とサブカル、過去と現在の中国を伝える

神奈川県出身、小学生のころから中国の歴史に興味を持ち、本場の歴史を学びたいとの思いから高校卒業後に留学。西安で主に語学を、済南の山東大学で歴史を学んだ。2008年に卒業し、帰国後は中国関係の仕事に携わっている。

コラムを読む
山口 康一郎

快適な日本から飛び出し、中国辺境で起業した変な日本人

1958年鹿児島で衣料問屋の長男に生まれる。現在、中国辺境雲南省の大理古城に居住。17歳の時に喫茶店を開業。23歳の時に法人設立。その後、年商10億まで拡大するまでに至ったが、視察旅行で感じた中国の面白さにハマり、離婚までして中国に移り住む。信条は「三方よし」。

コラムを読む
葉 小青

手軽な素材で、健康を保ち美しくなる中国家庭料理をご紹介!

1988年来日。昭和女子大学大学院修了後、中国語・広東語の通訳、講師を務めるかたわら、料理研究家として幼い頃から慣れ親しんだ母の味を日本の素材で紹介している。

コラムを読む
西村 徹也

中国人との付き合い方、裸でぶつかってきたからこそ分かること

1961年大阪府生まれ。京都外国語大学中国語科卒、大阪市立大学中国語学文学専修前期博士課程修了。NPO法人日中交流支援協会で理事長を務め、東北師範大学人文学院で日本語教師として教鞭を執っていた。吉林省「優秀外国専家」を受賞した経歴を持つ。

コラムを読む
谷本 光

世界で活躍!特殊奏法操るギタリスト

1984年北海道札幌市生まれ。16歳からアコースティックギターを始め毎日最低15時間練習。17歳からプロ活動開始。三線・三味線・シタール・アフリカンパーカッション・スティールパンなどの民族楽器の音をアコースティックギター1本のみで表現する特殊奏法を操る。

コラムを読む
あこcn

体験談を元に、使える対中交渉のコツを御紹介致します

大学入学から中国語学習を開始し中国との関わりが始まる。大学卒業後、2年間上海に留学。3年半の江蘇省駐在勤務、約20 年の対中台貿易経験を有する。

コラムを読む
REDカワサキ

一念発起で上海移住!現地在住ならではの情報をお届け

富士見書房ファンタジア文庫編集部(現株式会社KADOKAWA)、時事通信社運動部を経て、2015年より一念発起し中国、上海市へ。在駐日本人向け雑誌の編集、営業に携わる。専門分野はアニメ漫画等のサブカルチャーとスポーツ関係全般。

コラムを読む
荒木 利博

中国人を味方にする方法、教えます!

アメリカで学位取得後、アメリカとドイツの駐在勤務を経て、1996年から2015年まで中国に滞在、合わせて四半世紀以上を海外で暮らす。プライベートでは、中国のアウトドアライフを謳歌した。2016年初頭より東京のリロケーション関連企業に勤務している。

コラムを読む
岡田 郁富

半世紀に渡り中国のビジネスに関わる

長年日本の大手総合商社にて中国ビジネスに携わり、商社退職後は主として中小企業向けに中国ビジネスアドバイザーを務める。ビジネスでの往来や長期滞在等を含め50年程に渡り中国関連に係り、豊富な経験を持つ。

コラムを読む

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携